本文へスキップ

八王子市の弁護士

電話でのお問い合わせはTEL.042-644-8950

京王八王子駅から徒歩5分 JR八王子駅北口から10分

弁護士費用の算定例Fee example

弁護士費用(料金)について

このページでは、弁護士費用の算定例を記載いたします。

あくまで例ですので、目安とお考え下さい


1 民事事件、相続事件、会社事件の場合の費用算定例


 経済的利益の額  着手金  報酬
 300万  標準:20万円
(15万円〜35万円くらい)
 標準:30万円
(20万円〜50万円)
 500万  標準:25万円
(20万円〜30万円くらい)
 標準:50万円
(25万円〜50万円くらい)
 1000万  標準:35万円
(25万円〜50万円くらい)
 標準:70万円
(50万円〜100万円くらい)

(消費税別途)

着手金の最低額は20万円程度 経済的利益により増額します。

▼経済的利益とは?

例えば依頼者が訴えた場合得られる金額(慰謝料や損害賠償等)であったり、逆に訴えられた場合は弁護士が弁護することによって減額できた金額であったりします。


2 内容証明の発信とその交渉

3万円〜5万円程度。(経済的利益の額によらず)
成功裡解決のとき、10〜30万円程度の報酬をいただきます。


3 文章・契約書作成

書面作成は5〜20万円程度 。
オーダーメイド契約書は30〜50万円位。

4 自己破産免責申立

小規模・個人破産申立の場合
着手金20〜30万円程度。免責のとき報酬15万円程度。

企業と役員個人の破産申立の場合
着手金200万円以上(規模により異なる)。
役員個人免責の報酬は15万円程度。

5 離婚等家族問題

着手金20〜30万円程度
難事件は50〜100万円程度

報酬は着手金の額以上

6 刑事弁護

被疑者段階の着手金15万円以上。
公判手続きの弁護着手金20〜30万円程度。

報酬は不起訴、略式罰金、求刑より軽い刑、執行猶予等のとき着手金の額以上

■次のページ⇒事務所案内


information

弁護士保科善重法律事務所

(ほしなぜんじゅう)
〒192−0046
東京都八王子市明神町4−1−9
シャンボール八王子702号室
TEL.042ー644−8950
FAX.042−644−9354

主な取扱業務

法律相談、交通事故、離婚、慰謝料、遺言、遺産相続、金銭貸借、保証、不動産等の問題、医療事故、労働事件、刑事弁護