本文へスキップ

八王子市の弁護士

電話でのお問い合わせはTEL.042-644-8950

京王八王子駅から徒歩5分 JR八王子駅北口から10分

交通事故の裁判case advice traffic accident

加害者になってしまった場合

飲酒運転で人を轢いてしまった

人身事故で家族が警察に逮捕された

従業員が仕事中に事故を起こしてしまった


交通事故を起こしたら弁護士に相談する?こういった交通事故の加害者になった場合は、どうしたら良いのでしょうか?

軽微な交通事故の場合は、保険会社の対応や反則金の支払で済みますが、人身に係わる重大事故の場合はそうはいきません。

このページでは重大事故に絞って交通事故加害者の立場での裁判や訴訟について説明します


交通事故が起こってからの一般的な流れ(重大事故)

■1.事故発生
逃げたりしなれば弁護士がきっとあなたを助けます。何とかなります
・ひき逃げ犯とされたいため、まず110番、119番へ通報
・次に保険会社へ連絡

■2.拘留(重大事故の場合)
拘置所か警察署留置場に逮捕後20日間拘留
(この間は保釈制度がない)

■3.弁護士への相談、依頼
状況により、弁護士は下記活動を行います。

・検察官と交渉(釈放、不起訴、略式罰金での軽い処分等)
・被害弁償交渉(早期に示談が見込まれる場合)

■4.起訴(公判請求)により刑事裁判になる場合
a. ここに至ってはじめて保釈申請が可能(但し、保釈金の積み立てが必要)
b. 逃亡や証拠隠滅のおそれがある時は保釈は不許可となります

刑事裁判になっても、事故態様や運転者の過失内容、生活歴、家族関係等々を弁護活動であきらかにし、執行猶予つきの判決獲得を目指します

■5.被害者が損害賠償請求をして来た場合
・内容証明郵便や保険会社が関係する請求
責任の有無、賠償すべきもの、被害者の過失・過失相談など検討課題は多い。
弁護士の活用を。
裁判(民事)になったら弁護士に訴訟代理人になってもらって防禦(ぼうぎょ)を十分にしてもらう。


弁護士に相談した方が良いケース

◆留置場に留置されてしまった
◆刑事事件として扱われそう
◆相手方(被害者)と補償額に折り合いがつかない


重大事故を起こしてしまった(身内が起こしてしまった)場合は、なるたけ早く弁護士に相談し対応してもらうと良いでしょう。


弁護士に相談する場合のアドバイス

弁護士に相談する場合は、下記についてメモを作っておくと相談がスムーズになります。

・事故発生の日時、場所
・事故の状況(自分の動きや相手方の動きを略図で)
・現在の状況(警察署に拘留されている等)
・疑問に思っている点
・拘留されている場合は、拘留先の警察署名


弁護士費用の目安

■民事裁判の場合(相手方と保障範囲・賠償額を争うだけの場合)
・着手金 30万円〜50万円程度
・報酬 30万円〜50万円〜100万円程度

■刑事事件について

1.逮捕拘留されている被疑者について捜査段階での弁護活動をする
・着手金 15万円〜30万円程度
・報酬 不起訴処分、略式罰金で裁判にならず解決 30万円〜50万円程度

2.起訴されて刑事裁判を行う場合
・着手金 30万円〜50万円位
・報酬
執行猶予つきの判決を得たとき 30万円〜50万円くらい
求刑にくらべ軽い判決を得たとき 上記報酬の半額程度


当事務所は交通事故の法律相談(有料)を行っています。
交通事故の加害者となる対応にお困りの方は、相談して下さい

法律相談のページはこちら
弁護の流れと弁護士からのアドバイスのトップページ
弁護士 保科法律事務所のトップページ


information

弁護士保科善重法律事務所

(ほしなぜんじゅう)
〒192−0046
東京都八王子市明神町4−1−9
シャンボール八王子702号室
TEL.042ー644−8950
FAX.042−644−9354

主な取扱業務

法律相談、交通事故、離婚、慰謝料、遺言、遺産相続、金銭貸借、保証、不動産等の問題、医療事故、労働事件、刑事弁護